ここから本文です

錦織 世界ランク8位へ浮上、トップ10変動<男子テニス>

7/17(月) 9:24配信

tennis365.net

世界ランキング

男子テニスの7月17日付ATP世界ランキングが発表され、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で2年連続5度目の3回戦進出を果たした錦織圭は、前回から90ポイント失うも1つ上げて8位へ浮上した。

【錦織、途中棄権続出に言及】

昨年にベスト16へ進出したウィンブルドンで、今年錦織は3回戦でR・バウティスタ=アグ(スペイン)に敗れた。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)で負った怪我が心配される中、1回戦で世界ランク102位のM・チェッキナート(イタリア)、2回戦で同122位のS・スタコフスキ(ウクライナ)を下して3回戦へ駒を進めた。

今後は7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場する予定。前回出場の2015年には、決勝でJ・イズナー(アメリカ)を破ってタイトルを獲得している。

7月17日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…A・マレー(英国)
7,750ポイント(9,390ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
7,465ポイント(7,285ポイント)

■3位[ +2 ]…R・フェデラー(スイス)
6,545ポイント(5,265ポイント)

■4位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
6,325ポイント(6,055ポイント)

■5位[ -2 ]…S・ワウリンカ(スイス)
6,140ポイント(6,175ポイント)

■6位[ - ]…M・チリッチ(クロアチア)
5,075ポイント(4,235ポイント)

■7位[ +1 ]…D・ティーム(オーストリア)
4,030ポイント(3,895ポイント)

■8位[ +1 ]…錦織圭
3,740ポイント(3,830ポイント)

■9位[ -2 ]…M・ラオニッチ(カナダ)
3,310ポイント(4,150ポイント)

■10位[ +1 ]…G・ディミトロフ(ブルガリア)
3,160ポイント(3,070ポイント)

tennis365.net

最終更新:7/17(月) 9:24
tennis365.net