ここから本文です

【MLB】イチロー「盗塁男」に並ぶ3055安打、米ファン「日本での安打は含まれない!」

7/17(月) 7:52配信

Full-Count

適時内野安打で「盗塁男」リッキー・ヘンダーソンに並ぶ、「史上最高のひとり」

 マーリンズのイチロー外野手は16日(日本時間17日)、本拠地でのドジャース戦に代打出場し、適時内野安打を放った。この1本でメジャー通算3055安打となり、歴代23位タイに浮上。歴代1位の1406盗塁&2295得点を誇り、「メジャーリーグ史上最高のリードオフマン」「盗塁男」と呼ばれたリッキー・ヘンダーソンに並んだ。チームは8回に1点差まで追い上げたものの2-3で惜敗し、同一カード3連敗となった。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打&盗塁数ランキング&イチロー日米年度別成績

 イチローは0-3と3点を追う5回に代打で登場。1死一、三塁の好機で、2ボール1ストライクからドジャース先発左腕ヒルの4球目、ボール気味の外角直球を見逃したが、判定はストライク。判定に納得がいかない様子だった。

 しかし、これでカウント2-2と追い込まれたため、続く5球目は再びストライクゾーンの外に来たカーブを捉える。イチロー自身、「振りたくないけど、振らないとしょうがなかった」と振り返った外角へのボール球だったが、投手のグラブを弾いて遊撃へ転がる内野安打に。6月27日メッツ戦以来となる打点を記録した。

 マーリンズの球団公式ツイッターは「MLB通算3055安打、イチローが歴代23位リッキー・ヘンダーソンに並ぶ!」とすぐにつぶやくと、ファンが「おめでとう、イチロー!」と反応。さらに「日本での安打は含まれない!!!」とコメントしたファンに対して、球団公式ツイッターは「ツイートの通り、3055本は彼がMLBキャリアで記録したものだ」と再びつぶやいた。

 この他にも、球団公式ツイッターにはファンから祝福のコメントが届いた。

「彼のプレーを見ることができて嬉しいよ。史上最高だ」

「本当にアメイジングなキャリアだ!」

「レジェンド」

「この男がプレーしている姿を見るのが大好きなんだ!」

「史上最高のひとり」

 また、イチローはこの日の出場でメジャー通算2577試合となり、かつてマーリンズでもプレー経験を持つゲリー・シェフィールド(2576試合)を抜いて、歴代単独44位に浮上。1つ1つ、歴史を塗り替えている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/17(月) 7:58
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 12:55