ここから本文です

ゲラーが複でグランドスラム・ジュニア初優勝 [ウィンブルドン]

7/17(月) 13:30配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の大会最終日はジュニアの部の男子ダブルス決勝が行われ、第2シードのアクセル・ゲラー(アルゼンチン)/スー・ユーシャオ(台湾)が第3シードのユリィ・ラディオノフ(オーストリア)/ミハエル・ベルベンスキー(チェコ)を6-4 6-4で下して優勝を果たした。試合時間は1時間3分。

男子はスペインのダビドビッチ フォキナが全試合ストレート勝利で優勝 [ウィンブルドン・ジュニア]

 今大会でのゲラー/スーは、1回戦でシダント・バンティア(インド)/トゥロター ジェームズ(西宮甲英高)を4-6 6-3 9-7で、2回戦でフランチェスコ・フォルティ/マッティア・フリンジ(ともにイタリア)を6-3 6-2で、準々決勝でメネラーオス・エフスタシウー(キプロス)/ライアン・ニブール(オランダ)を6-2 6-1で、準決勝ではブレイク・エリス(オーストラリア)/マッテオ・マーティノー(フランス)を7-6(5) 6-7(3) 10-8で破って勝ち上がっていた。

 ふたりはシングルスにも出場。第4シードのスーは初戦でサム・リフィス(アメリカ)に4-6 5-7で敗れていたが、ゲラーがノーシードから勝ち上がり、この日行われた決勝で第8シードのアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)に6-7(2) 3-6で敗れたが、準優勝を果たした。

 ジャオ・リンシ(中国)とのペアで1月の全豪ジュニアを制したスーは、グランドスラム・ジュニアで2度目のタイトルを獲得。ゲラーは今年の全仏ジュニアに続く2大会目の挑戦で、初優勝を果たした。

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子ダブルス決勝】

○32アクセル・ゲラー/スー・ユーシャオ(アルゼンチン/台湾)[2] 6-4 6-4 ●9ユリィ・ラディオノフ/ミハエル・ベルベンスキー(オーストリア/チェコ)[3]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Axel Geller of Argentina plays a forehand during the Boys' Singles final match against Alejandro Davidovich Fokina of Spain on day thirteen of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club at Wimbledon on July 16, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7/17(月) 13:30
THE TENNIS DAILY