ここから本文です

杉田祐一 世界ランク43位に浮上、四大大会初勝利で自己最高位を更新<男子テニス>

7/17(月) 10:04配信

tennis365.net

世界ランキング

男子テニスの7月17日付ATP世界ランキングが発表され、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会初勝利をあげた杉田祐一は、前回から25ポイント加算され、1つ上げて自己最高の43位に浮上した。

【錦織 杉田を評価「30・20位」】

杉田は、ウィンブルドン前週のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)で、D・フェレール(スペイン)やA・マナリノ(フランス)を下してツアー初優勝を飾り、日本人男子として松岡修造、錦織圭に次いで3人目の快挙を達成。

キャリアハイとなる世界ランク44位で臨んだウィンブルドンでは、1回戦で世界ランク232位のB・クライン(英国)をストレートで下して四大大会初勝利をマーク。2回戦ではアンタルヤ・オープン決勝でも対戦したマナリノと大接戦を演じたが、惜しくもフルセットで敗退となった。

その他の日本勢では、錦織は1つあげ8位、西岡良仁は24下げて90位、ダニエル太郎は1つ上げて91位となった。

tennis365.net

最終更新:7/17(月) 10:04
tennis365.net