ここから本文です

飯伏幸太、キャリア最大の大勝負 “制御不能のカリスマ”内藤哲也と一騎打ち!

7/17(月) 12:02配信

AbemaTIMES

 7月17日の新日本プロレス・札幌大会から、いよいよ夏の大一番『G1クライマックス』(7月17日(月) 15時~AbemaTVで開幕戦生中継)がスタートする。

 A・Bブロックに分かれてのシングルリーグ戦で、そのトップ同士が8月13日の決勝戦(両国国技館)で闘う長丁場。単に強さだけでなく肉体的にも精神的にもスタミナが必要になってくる。だからこそ、優勝することには大きな価値があると言えるだろう。

 今年の大きな話題は、飯伏幸太の2年ぶりの参戦だ。飯伏はかつてDDTと新日本の2団体所属として活動。どちらの団体でもトップ戦線で活躍してきたが、昨年、フリーとなっている。それ以降は試合を厳選、独自の基準でリングに上がり、WWEに出場したこともあればイギリスの路上で大暴れも。新日本プロレスの大会は、偶然かもしれないがタイガーマスクWが出場した大会を主に観戦していたようだ。

 昨年のG1では、元タッグパートナーにしてライバルのケニー・オメガが優勝。今年は決勝での飯伏との対戦も期待されている。だが、そのためにまずクリアしなければいけないのが開幕戦だ。ここで飯伏が対戦するのは、現在の新日本マットで最も存在感を発揮する男“制御不能のカリスマ”内藤哲也である。

 同い年ということもあって何かと意識し合う仲ではあった両者。内藤は、飯伏が新日本マットから離れている間に急速に評価を高めている。IWGPヘビー級、インターコンチネンタルのベルトも巻いた。今回も優勝候補の一人と言っていい。

 そんな内藤は、試合数が少ない飯伏がG1に出場することに異論を唱えている。しかし飯伏は「やってきたことはゼロじゃない」と自分なりの手応えを主張。内藤について「いろいろ負けられない」「初日を乗り切らないと次がない」と、かなり意識しているようだ。飄々としている飯伏だが、今回のG1、そして内藤戦にかける思いは相当に強いのだろう。

 前回のG1では連戦で肉体的にも精神的にも疲弊しきってしまったという飯伏。今回はコンディション作りに重点を置き、新技開発にも取り組んでいるという。

 飯伏の新日本マット本格復帰は、おそらくキャリア最大の大勝負になるはず。内藤とのG1開幕戦は、その重要な第一歩だ。

最終更新:7/17(月) 12:02
AbemaTIMES