ここから本文です

フェデラー 最終戦出場確定、ナダルに次いで2人目<男子テニス>

7/17(月) 17:50配信

tennis365.net

Nitto ATPファイナルズ

男子プロテニス協会のATPは17日、公式サイトで世界ランク3位のR・フェデラー(スイス)がツアー最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)への出場が確定したと発表した。2017年のNitto ATPファイナルズに出場が確定したのは、R・ナダル(スペイン)に次いで2人目。

【フェデラー「普通の子だった」】

11月12日に開幕するNitto ATPファイナルズは、シーズンの大会獲得ポイント上位8名が出場することが出来る。

昨年までは、イギリスはロンドンに拠点を置く国際金融グループのバークレイズがタイトルスポンサーを務めていたが、2017年から2020年までの4年間、日東電工株式会社(以下Nitto)が日本企業で初となるタイトルスポンサー契約を締結した。

35歳のフェデラーは、Nitto ATPファイナルズに2年ぶり15度目の出場で、2003・2004・2006・2007・2010・2011年に優勝を飾っている。前回出場の2015年は10度目の決勝進出を果たしたが、N・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れて準優勝に終わった。

今季は、膝の怪我からの復帰戦となった全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝でライバルのナダルを破ってタイトルを獲得。その後、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)のマスターズ2大会で優勝し、完全復活を果たした。

以降は、芝のシーズンに照準を合わせるために全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を含む全てのクレー大会を欠場。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)でタイトルを獲得して臨んだウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では、1セットも落とさず史上最多8度目の優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:7/17(月) 17:50
tennis365.net