ここから本文です

4連続ポールポジションのARN RACINGが悲願の初優勝:スーパー耐久オートポリス決勝Gr1

7/17(月) 12:16配信

motorsport.com 日本版

 オートポリスで開催された2017年のスーパー耐久シリーズ第4戦。Gr.1の決勝レースは総合ポールポジションからスタートしたST-Xクラスの#8 ARN Ferrari 488 GT3(永井宏明/佐々木孝太)が念願の初優勝を飾った。

【写真】悲願の初優勝を果たしたARN Ferrari

 開幕4戦連続でポールポジションを獲得した#8 ARN Ferrari 488 GT3だが、今季ここまでまだその速さを決勝に活かすことができていなかった。

 その#8 ARN Ferrari 488 GT3は、スタートで2番手の#1スリーボンド日産自動車大学校GT-R(藤井誠暢)にインに飛び込まれトップ浮上を許してしまう。#1スリーボンド日産自動車大学校GT-Rは60kgと重いウェイトハンデを背負いながらだが、今季3勝目に向けて、レースをリードしていこうとする。

 今週末好調の#8 ARN Ferrari 488 GT3の永井は、背後にぴったりつけチャンスを伺うが、藤井も隙を与えない走りで周回を重ねていく。

 藤井を抜きあぐねていた永井が、一瞬の隙を突かれ#99 Y’distraction GTNET GT-R(星野一樹)に抜かれ3番手に後退すると、20周を経過したところで1回目のピットストップを行い、佐々木にバトンタッチする。

 1時間を経過すると、プラチナドライバーが担当できる時間の上限を迎えるため、トップ集団が続々とピットイン。35周を終えたところで、#1スリーボンド日産自動車大学校GT-Rがピットイン。1回目のルーティーンストップかと思われたが、パドルシフトのトラブルが発生し、そのままガレージにマシンが入れられる。コンプレッサーを緊急交換しコースに復帰するが、トップから9周遅れとなり優勝争いから脱落してしまった。

 その翌周に#99 Y’distraction GTNET GT-Rもピットイン。この間に#8 ARN Ferrari 488 GT3が逆転しトップに浮上。さらに佐々木は1分51秒台のハイペースで周回を重ね、一時は35秒のアドバンテージを築いた。

 佐々木は1時間48分を経過したところで2回目のピットイン。再び永井がマシンに乗り込んだ。これを何としても逆転したい#99 Y’distraction GTNET GT-Rも同じ周にピットインして藤波清斗が乗り込み、さらにピットストップも迅速に終わらせ、トップとの差を16秒に縮める。

 永井も必死に逃げるが、勢いは藤波にあり、残り30分のところでテール・トゥ・ノーズの状態に。そして80周目の1コーナーでインに飛び込み、接触はあったもののトップを奪う。この攻防戦で一瞬ふらついた永井だが、すぐに立て直し、続く第1ヘアピンでインに飛び込み返すが、再び2台が接触。レース終盤で勃発した激しいトップ争いに、会場に訪れたファンも釘付けとなった。

 しかし、この直後に#99 Y’distraction GTNET GT-R左リアタイヤがバースト。#8 ARN Ferrari 488 GT3との接触が原因だったのかは定かではないが、スローダウンを余儀なくされ緊急ピットイン。4番手まで後退してしまう。

 一方に#8 ARN Ferrari 488 GT3には第1ヘアピンでの接触行為でドライブスルーペナルティが言い渡されてしまう。優勝目前に迫っていた中で、万事休すかと思われたが、2番手に上がっていた#777 D’station Porscheとは35秒の差があり、ペナルティを消化してもトップのままでコースに復帰した。

 これで優勝は確実と誰もが確信していたが、実は最終スティントに入ってから#8 ARN Ferrari 488 GT3はクールスーツが故障し、灼熱のコックピット内で永井が走行。さすがに最後はペースを維持するのが苦しくなり、#777 D’station Porscheの近藤翼に迫られる。しかし永井は最後は意地でトップを守りきり95周でフィニッシュ。わずか1.1秒のリードを守り、念願のチーム初優勝を飾った。

 2位には#777 D’station Porsche(星野敏/荒聖治/近藤翼)が入り、#89HubAuto Ferrari 488 GT3(モーリス・チェン/吉本大樹/坂本祐也)が入った。#99 Y’distraction GTNET GT-Rは4位、#1スリーボンド日産自動車大学校GT-Rは6位となった。

 クールスーツの故障で、レース後は疲労困ぱいの様子だった永井だが、佐々木がパルクフェルメで出迎えると2人で喜びを爆発。今年はフェラーリ488GT3にマシンを変更し、ポールポジションは毎回獲得するも勝てないレースが続いていた。激闘の末に掴んだチーム初優勝に、何度もガッツポーズをみせていた。

吉田知弘