ここから本文です

「ヒアリ根絶成功」ニュージーランドでは...

7/17(月) 17:00配信

ホウドウキョク

日本国内で、強い毒を持つ「ヒアリ」が相次いで見つかる中、世界で唯一、ヒアリの根絶に成功したとされる国、ニュージーランドの当局者が、FNNの取材に応じた。
ニュージーランドでは、2001年にオークランドの空港の近くでヒアリの巣が発見されたものの、現場周辺で徹底したモニタリングを実施するなどの対策を講じ、2003年までに根絶宣言を出した。
その後、2004年と2006年にもヒアリの侵入が確認されたが、早期の駆除に成功している。
ニュージーランド第1次産業省担当者は、「早期発見が成功の主な要因だ。監視プログラムが2度目のヒアリ発見につながった」と述べた。
現地当局の担当者は、日本が優先的に取るべき行動として、専門の対策チームを立ち上げることを挙げ、早期の発見と駆除のための監視体制を強化する必要性を指摘した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/17(月) 17:00
ホウドウキョク