ここから本文です

猫カフェに放置のネコ 6匹が新しい飼い主へ

7/17(月) 19:20配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

先月、鹿児島市の「猫カフェ」で17匹のネコが放置され、このうち4匹が死んでいるのが見つかりました。保護されたネコの新たな飼い主を探す譲渡会が16日と17日の2日間、鹿児島市で開かれました。譲渡会は、鹿児島市のNPO法人「犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島」が開いたものです。先月、鹿児島市の猫カフェで17匹のネコが放置され、このうち4匹が死んでいるのが見つかりましたが、この団体では残る13匹を保護して、衰弱したネコのケアや里親探しを続けてきました。そして16日と17日の2日間開いた譲渡会で、新たに3匹の引き取り先が決まりました。保護した13匹のうち3匹は人におびえるなどして、まだ譲渡できない状態ですが、残る10匹のうち、引き取り先が決まったのは6匹となりました。現在、4匹の引き取り先が決まっていない状態で、団体では、引き続き、インターネットなどで希望者を探すとともに、今後も譲渡会を開きたいとしています。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:7/17(月) 19:20
MBC南日本放送