ここから本文です

朝乃山、魁聖に敗れる 連勝8でストップ

7/17(月) 15:54配信

北日本新聞

 大相撲名古屋場所9日目は17日、愛知県体育館であり、西十両5枚目の朝乃山(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、東十両筆頭の魁聖(かいせい)(友綱部屋)に寄り切りで敗れた。今場所初黒星を喫し、成績は8勝1敗。取組後、「勝ち越しているので、明日からまた自分の相撲を取ることに集中するだけ」と話した。

 朝乃山は、立ち合いはほぼ互角に踏み込んだ。すぐに右四つの自分の形に持ち込んだが、相手にも左上手をがっちりとつかまれ「腰が高くなってしまった」。胸を合わせると、そのまま力負けして土俵を割った。

 元三役力士との取り口について「がっぷり四つになるとまだまだ(相手が)重かった」と振り返り、「しっかり修正して白星を積み重ねていきたい」と前を向いた。

 17日の取組を終え、十両は1敗の朝乃山と豊山が並び、星一つの差で大奄美(だいあまみ)が追う展開となった。

 10日目の18日は西十両3枚目の千代皇(ちよおう)(九重部屋)と対戦する。得意技は右四つ、寄り。先場所は対戦していない。(社会部・川端浩泰)

北日本新聞社

最終更新:7/17(月) 15:54
北日本新聞