ここから本文です

フェルスタッペン「フェラーリのようなタイヤトラブルを恐れて安全策でピットインした」レッドブル F1

7/17(月) 10:34配信

オートスポーツweb

 2017年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは4位だった。

2017年F1第10戦イギリスGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のタイヤが決勝終盤にパンク

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=4位
 ポジティブな一日だ。完走して、またたくさんのポイントを獲得することができてうれしいよ。

 終盤、セブ(ベッテル)のタイヤがパンクしたけど、僕らはラッキーだったと思う。後ろとのギャップが十分あることが分かっていたから、大事をとって僕はピットインした。左フロントの感触があまりよくなかったし、フェラーリに起きていることを見て、安全策をとった。キミ(・ライコネン)がピットに入るのを知っていたら、ステイアウトして彼の前に出ることを考えたかもしれないけど、確実に完走するために慎重にいくことにした。

 このコースは高速コーナーが多く、左フロントに負担がかかるから、終盤問題が出てくるかもしれないことは分かっていた。

 序盤の話をすると、セブより自分の方がずっと遅いのは分かっていたから、何としても前のポジションを守り切ることに集中し、同時に楽しむことにした。僕にはそれしかできなかったからね。幸い彼はコース上では僕を抜くことができなかった。彼とのちょっとしたバトルを終えた後は、ほとんど単独で走ることになった。

 決勝中、ペースはとてもよくて、マシンの競争力は高いと感じた。予選の時よりよかったね。昨日なぜ苦しんだのか、調べる必要がある。

 4位というのはいい結果だ。予想していたよりひとつ上だからうれしい。

 ハンガリーにはアップグレードを導入する。トップ2チームと戦うことを目指しているから、アップグレードによって前進できればうれしい。

[オートスポーツweb ]