ここから本文です

後半4発で新潟選抜に快勝のU-17日本代表が2年ぶりV!U-17W杯へ「収穫アリ」

7/17(月) 22:04配信

ゲキサカ

[7.17 国際ユースin新潟第3戦 U-17日本代表 5-1 U-17新潟選抜 デンカS]

 第21回国際ユースサッカーin新潟最終節が17日に行われ、U-17日本代表はU-17新潟選抜に5-1で快勝した。U-17日本代表が通算成績を2勝1分としたのに対し、第2節まで1勝1分で並んでいたU-17クロアチア代表がU-17メキシコ代表に1-2で敗戦。この結果、U-17日本代表が2年ぶりの優勝を飾っている。

 過去6回の新潟選抜との対戦はU-17代表の1勝5敗。他の国際マッチ2試合に力を注ぎ、メンバーを落として新潟選抜と戦うことも多かったU-17代表は、同年代の代表チーム撃破に意欲を燃やす新潟選抜に苦杯を嘗める結果が続いていた。だが、今回は森山佳郎監督から「負けたら全員、新潟選抜と入れ替え」と檄を入れられていたU-17代表が前半苦戦しながらも、主力組を投入した後半に4得点をもぎ取って快勝。主力組と、次に続く選手たちとの差の部分など課題ももちろんあるが、10月のU-17W杯(インド)へ向けて前向きな結果、内容で大会を終えた。

 U-17代表は前日のメキシコ戦からDF菅原由勢(名古屋U-18)、DF馬場晴也(東京Vユース)、MF奥野耕平(G大阪ユース)を除いて先発8人をチェンジ。4-4-2システムのGKは鈴木彩艶(浦和Jrユース)で、4バックは右SB菅原、CB関川郁万(流通経済大柏高)、CB馬場、左SB橋本柊哉(市立船橋高)。中盤は奥野と岩本翔(G大阪ユース)のダブルボランチで右MFが桝谷岳良(川崎F U-18)、左MFが鈴木冬一(C大阪U-18)。2トップは斉藤光毅(横浜FCユース)と栗原イブラヒムジュニアがコンビを組んだ。一方の新潟選抜はFW外山光(長岡向陵高)やDF入山慶斗(新潟明訓高)、GK藤田和輝(新潟U-18)らが先発出場した。

 U-17代表は立ち上がりからボールを握って攻めるものの、連係を欠き、個々のミスもあってボールロストが増えてしまう展開に。大詰めを迎えているU-17W杯メンバー争いでそれぞれがアピールしようとする気持ちはあったが、流れが悪い中で声も出ず、試合の中で改善点を修正することができない。

 17分には前線を追い越してPAまで駆け上った菅原が決定機を迎え、直後にも斉藤が抜け出すシーンがあったが、好セーブを見せるGK藤田や、安定したカバーリングを見せる入山、MF五十嵐新(新潟U-18)中心に守る新潟選抜からなかなか1点を奪うことができなかった。

 それでも給水タイム明けの前半23分、U-17代表は右サイドから攻めると、桝谷のスルーパスで抜け出した斉藤が右足シュート。これはGKにセーブされたものの、こぼれ球を栗原が押し込んで先制した。

 だが、新潟選抜も右サイドのMF小林心(北越高)にMF高月創太(北越高)らが絡んでシュートシーンを作り出す。37分には左クロスから小林が決定的なヘディングシュート。さらに39分には敵陣中央でのインターセプトからPAへ攻め込む。一度奪われたボールを奪い返した新潟選抜はPAでMF藤田凌央(新潟明訓高)がファウルを受けてPKを獲得。これを高月が右足で豪快に決めて同点に追いついた。

 U-17代表の森山監督は当初の予定をやや変更して後半開始から4人を交代。関川、橋本、桝谷、栗原に代えて右SBに池高暢希(浦和ユース)、ボランチに平川怜(FC東京U-18)、右MFに中村敬斗(三菱養和SCユース)、そして前線に宮代大聖(川崎F U-18)を投入した。これに伴い、菅原をCB、鈴木冬を左SB、奥野を左MFへそれぞれスイッチ。平川は「同じイメージを持てる選手が多ければ多いほど自分たちのサッカーができると思うので、そこの部分は初招集の選手だったり招集回数の少ない選手もどんどん入ってこないとチームのレベルを上げることができない。(イメージが共有できていなかった前半、)新潟選抜相手にこの内容では不甲斐ないことだと思ったので、後半から入った選手は特にそういう気持ちが強かったと思います」と語っていたが、投入された主力組がチームの個と、連係面を高め、また気迫も感じさせるプレーであっという間に試合の行方を決定づけた。

 後半2分、左サイドから一気に飛び出した鈴木冬がDF、GKを引きつけて出したラストパスを斉藤が右足でゴールへ押し込んで勝ち越す。さらに5分には、中村のスルーパスで抜け出した斉藤がGKを引きつけて左横を走る宮代へパス。これを宮代が難なくゴールへ沈めて3-1とした。

 後半開始5分間で2点を奪ったU-17代表は、16分にも鈴木冬の縦パスで抜け出した宮代がGKの位置をよく見て左足ループシュート。これで4点目を奪うと、22分にも右サイドを突破した中村の折り返しを奥野が右足で決めて5-1とした。

 新潟選抜の交代出場FW晴山岬(帝京長岡高)に最終ラインが破られてシュートを打たれるシーンなどもあった。だが、ボールを握り、試合をコントロールしながら時間を進めた後半は攻守に力の差を見せつけるような内容。27分に奥野に代えて右MF福岡慎平(京都U-18)、36分には馬場と岩本に代えてCB 小林友希(神戸U-18)と右MF上月壮一郎(京都U-18)を投入したU-17代表は、追加点こそ奪えなかったものの、5-1で快勝した。

 森山監督は「どうやったら効果的か考えながらプレーしていた」前日に比べて、この日の前半はその部分が欠けていたことを指摘。この日は指揮官の期待していた以上の試合には至らなかったようだが、今大会について森山監督は特に強敵・メキシコ戦で見せた戦う部分、状況判断、そして自分たちが武器としているボールを動かしながら相手の隙を突いて行く部分が何度も出たことを評価し、「収穫は少なくない」とコメントした。内容、結果も残し、奥野らの台頭もあった国際ユースin新潟。U-17代表は今後、ほぼ現状のベストメンバーで臨むことになりそうな8月のチェコ遠征、そして9月下旬からの直前キャンプを経て、「決勝まで7試合を戦う」ことが目標のU-17W杯に挑む。

最終更新:7/17(月) 22:14
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合