ここから本文です

ジム後輩村田諒太「ロープに詰めて勝負したかった」

7/17(月) 10:02配信

日刊スポーツ

<WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦> ◇15日(日本時間16日)◇米カリフォルニア州イングルウッド「ザ・フォーラム」

【写真】始球式で暴投する村田諒太

 ボンバー不発-。元王者三浦隆司(33=帝拳)が王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)に0-3(111-116、108-119、107-120)で大差判定負けした。「ボンバーレフト」の異名を取る強烈な左パンチを巧みにかわされ、有効打を放てずに完敗。1回に喫したダウンを挽回できず、15年11月に米国で失った王座奪還を逃した。

 帝拳ジムの後輩でテレビ解説を務めた村田諒太のコメント 三浦さんはもうひと押しだった。ロープに詰めて勝負したかった。序盤、立っていく癖が出てもらってしまった。難しく強い相手だった。バックステップした距離でパンチを外された。

最終更新:7/17(月) 10:48
日刊スポーツ