ここから本文です

9・18K1さいたま大会の追加対戦カードが発表

7/17(月) 16:25配信

日刊スポーツ

 K-1 WORLD GPさいたま大会(9月18日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)の追加対戦カードが17日、都内で発表された。

【写真】初防衛戦に臨むフェザー級王者の武尊と挑戦者のワン・ジュングァン

 スーパーフェザー級王者の大雅(20)がギリシャのスタウロス・エグザコスティディス(23)、スーパーバンタム級王者の武居由樹(21)が伊沢波人(25)と対戦することが決まった。

 6月のさいたま大会で皇治に判定勝利して以来の試合となる大雅は「前回は恥ずかしい試合をしたと思った。勢いがなくなっていたかなと。次は勢いを思い出してガンガンいけたらと思います」と気を引き締めた。また4月のスーパーバンタム級王座決定トーナメントで優勝して以来のファイトとなる武居は、中国の王座を持つなど実力者の伊沢との対戦。注目の日本人対決でもあり「伊沢選手はキャリアも年齢も上。王者になって初試合なので、絶対にKOで勝ちたい」と気合を入れ直していた。

 また6月のスーパーウエルター級王座決定トーナメントで敗退した「ライジングサン」の異名を持つ日菜太(30)がセルジオ・サンチェス(30=スペイン)との再起戦に臨むことも発表された。

最終更新:7/17(月) 16:49
日刊スポーツ