ここから本文です

「リビング・デッド」のロメロ監督死去 ゾンビ映画の原点

7/17(月) 11:12配信

BBC News

ゾンビ映画というジャンルを確立したジョージ・A・ロメロ監督が16日、死去した。77歳だった。肺がんと「短く、しかし激しく戦った」末に眠りながら亡くなったと、マネージャーが明らかにした。

マネージャーのクリス・ロー氏によると、ロメロ監督は妻と娘に囲まれ、自宅で「一番大好きな映画の一つ」の「静かなる男」の音楽を聴きながら亡くなったという。ロー氏が米業界紙バラエティに語った。

米国出身のロメロ監督は1968年、ゾンビ映画シリーズの第一作となる「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」を製作。公開当時は残酷だと批判されたが、カルト的人気を得て、その後のホラー映画やゾンビ映画のひな形となった。

「ゾンビ」という表現は使わなかったものの、死体が生き返り人間を食べるという描写を映画でしたのは、これが初めてだった。これ以前に映画に登場する「ゾンビ」とは、黒魔術にかかり言いなりに動かされる人のことだった。

製作費はわずか11万4000ドルながら、興行収入は3000万ドルに上り、続編5作品と2回のリメークが続いた。

ロメロ監督は新聞記者として登場したものの、出演者としてはクレジットされなかった。

1971年のロマンチック・コメディー「There's Always Vanilla」や、1978年の吸血鬼映画「マーティン」、1982年の「クリープショー」(スティーブン・キング脚本)など、数々の作品を発表。1978年の「Dawn of the Dead」(邦題「ゾンビ」)が興行収入4000万ドル以上のヒット作となった。

作家スティーブン・キングさんは「お気に入りの共作者で、古くからの友人のジョージ・ロメロが亡くなったと知り、悲しんでいる。ジョージ、君みたいな人は二度と現れないよ」とツイッターで追悼した。

(英語記事 Living Dead director George A Romero dies at 77)

(c) BBC News

最終更新:7/17(月) 11:14
BBC News