ここから本文です

韓国統一副長官「北に対して崩壊や吸収統一追求しない」

7/18(火) 6:28配信

中央日報日本語版

韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は17日、「われわれは北朝鮮に対して敵対視政策を持っていない」とし「北朝鮮の崩壊や吸収統一を追求するつもりはない」と明らかにした。

趙長官はこの日、大韓赤十字社と国防部がそれぞれ南北赤十字会談と南北軍事当局者会談を北朝鮮に対して公式に提案した直後、政府ソウル庁舎で「ベルリン構想後の続措置発表」記者会見で、「南北間の対話と協力は北核問題の解決に寄与し、南北関係と北核問題が互いに好循環的な進展を促進していく契機になるだろう」としながらこのように伝えた。

趙長官はまた「核と戦争の脅威がない平和な韓半島(朝鮮半島)が韓国政府が追求する一貫した目標」とし「北朝鮮が正しい道を選ぶなら国際社会と協力して北朝鮮とより明るい未来を一緒に開いていこうと思う」と強調した。

趙長官はこの日、南北赤十字会談と南北軍事当局者会談を公式に提案した背景も説明した。北朝鮮の度重なる弾道ミサイル挑発で「あるべき環境」がなかなか整わなかったが、今回の提案は南北関係の緊張緩和と平和定着のための最も基礎的な措置だというのが趙長官の説明だ。