ここから本文です

凱旋門賞戦線で英愛オークス馬が一気に評価上昇、サトノダイヤモンドの強力なライバルに

7/18(火) 18:04配信

netkeiba.com

 現地時間15日、アイルランドのカラ競馬場で行われた愛オークス(G1、3歳牝馬、芝2400m)は、2番手でレースを進めたL.デットーリ騎手騎乗のイネーブル(牝3、英・J.ゴスデン)が直線に入って先頭に立つとそのまま後続を突き放し、2着のレインゴッデスに5馬身半の差をつけ圧勝した。勝ちタイムは2:32.13。

 イネーブルは自身と同じゴスデン厩舎の所属で2011年キングジョージ(英G1)の優勝馬・ナサニエルの初年度産駒。昨年11月にデビューし、3戦のキャリアで挑んだ今年の英オークスを5馬身差で圧勝、続くこのレースでも圧勝と、印象的なパフォーマンスを続けている。通算成績は5戦4勝。英愛オークス制覇は日本のエリザベス女王杯(G1)を連覇したスノーフェアリー以来7年ぶりの快挙。

 この勝利によりイネーブルは欧州の各種ブックメーカーで、今年の凱旋門賞の2番人気にまで評価を上げている。1番人気は今年まだ出走がないがG1・3勝を含む5連勝中の4歳馬アルマンゾル。日本のサトノダイヤモンドは5番人気前後の評価となっている。凱旋門賞はここ10年で3歳牝馬が3勝しており、イネーブルはサトノダイヤモンドの強力なライバルの1頭になりそうだ。

 またその他には、今年の仏2000ギニー・仏ダービーを制し二冠に輝いたブラムトが7戦6勝・2着1回とパーフェクトな戦績を誇り、こちらも要注目。アイルランドのハイランドリールは3カ国に渡りG1を6勝、JRAの海外馬券発売レースにも既に3回出走しており、日本にも名前を覚えている競馬ファンは多いだろう。サトノダイヤモンドを含むここまでの5頭が上位人気勢を形成している。

 今年のドバイシーマクラシック(首G1・芝2410m)を制したジャックホブスは前走・プリンスオブウェールズSで初の大敗を喫した影響か、評価を下げている。今月のサンクルー大賞(仏G1、芝2400m)を勝ったザラック、先日のパリ大賞(仏G1、芝2400m)を勝ったシャキール、英愛ダービーで2,3着のフランケル産駒クラックスマンなども上記5頭同様の評価はブックメーカーではされていない。

最終更新:7/18(火) 18:08
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ