ここから本文です

海自カレー、本場の京都・舞鶴で 8月11日から販売

7/18(火) 11:29配信

京都新聞

 京都府舞鶴市に拠点がある海上自衛隊の艦艇などで食べられているカレーを市内の飲食店などで出す「まいづる海自カレー」の取り組みを進めるため、舞鶴商工会議所と市、海自舞鶴地方総監部はこのほど、レシピ提供や普及促進などに関する協定を結んだ。店舗での販売は8月11日から始める。
 商議所がカレーでまちおこしをしようと2011年から取り組む「金曜日はカレーの日プロジェクト」の一環。カレーは12種類あり、1店が1種類を扱う。店が各艦艇や学校などからレシピを受け取り、調理の担当者から直接作り方を教わって再現する。
 同市余部下の総監部で行われた調印式で、小西剛会頭は「舞鶴のお土産でカレーを買って帰る人も増えている。町の魅力向上に期待している」、多々見良三市長は「カレーで旧軍港市との連携もしたい」と述べた。菊地聡舞鶴地方総監は「ぜひ全種類を制覇してほしい」と呼び掛けた。

最終更新:7/18(火) 11:30
京都新聞