ここから本文です

モバイルコマース市場は2021年に6.1兆ドルへ拡大の見通し

7/18(火) 10:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

モバイルアプリ市場の調査などを手がけるAppAnnie社は6月29日、世界のモバイル市場規模を調査した「マネタイズモデル調査レポート」を発表し、世界のモバイルコマース市場規模は2021年に6兆100億ドル(約680兆円)に拡大する見通しを示した。

レポートによると世界のモバイルコマース支出額は2016年時点で1兆1800億ドル。経済活動がモバイルに移行していることから、世界のモバイルコマースは今後5年間、年平均38%のペースで成長すると予想している。

ユーザー1人あたりのモバイルコマース支出額は344ドルから2021年には946ドルに増加すると予測。特にアジア太平洋地域はモバイルへの移行が他の地域よりも急速に進んでいくとみている。

2016年と2021年のモバイルコマース支出額を国別で比較した場合、中国は7900億ドルから2兆5900億ドルに拡大する見込み。米国は2000億ドルから8200億ドル、日本は700億ドルから2100億ドルへと増える見通し。

□ 時間あたりのアプリ支出額は日本がトップ

アプリ利用年間あたりの支出額を国別に集計した場合、2016年は日本が954ドルで世界1位。日本は2021年時点で2366ドルに増えるとしている。

日本人の支出額が他国と比べて多い理由について、アプリストアにおけるデバイス1台あたりの平均支出額が123ドルと突出して高いことや、1人あたりの所得が高くゲームアプリへの課金に対して前向きであることなどが影響したと分析している。

レポートが示した各マネタイズモデルの今後の見通しは次の通り。

・アプリストア収益:中国の購買力のあるモバイルファーストな消費者が世界の成長を牽引
・アプリ内広告:アジア地域が急成長、2021年までに25%成長で770億ドルに達する見込み
・モバイルコマース:世界の総支出額は2021年に6兆100億ドルに達する見込み

*記事公開後、リリース配信元からリリースに一部誤りがあるとの連絡があり、アプリ支出の箇所などを7/31に修正しました。