ここから本文です

神戸ハーバーランドに「イオンスタイルumie」開業 イートイン400席超 /兵庫

7/18(火) 9:11配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 神戸ハーバーランドの商業施設「umie(ウミエ)」(神戸市中央区東川崎町1)ノースモール地下1階・1階西側に7月14日、食品スーパー「イオンスタイルumie」がオープンした。経営はイオン傘下のイオンリテール(千葉県千葉市)。(神戸経済新聞)

ワインやビールを対面販売する「ウミバル」

 昨年7月15日に閉店した総合スーパー「イズミヤ ハーバーランド店」跡に1年ぶりとなるスーパーを開業した同社。6月30日には、神戸市中央卸売市場本場の西側跡地に大型商業施設「イオンモール神戸南店」(兵庫区)が一部の売り場を先行開業している。

 イオン「最大級」の食品フロアを有する同店の店舗面積は約8000平方メートル。「楽しく、便利な“食”スタイルの提供」をコンセプトに新しい食のスタイルを提案する。

 約300席のイートインスペースを設ける地下1階は、自社牧場で育てた「トップバリュグリンアイ タスマニアビーフ」などを提供するイオン初展開のステーキショップ「ガブリングステーキ」、淡路島・淡路麺業製の生パスタを使ったパスタショップ「ペルグラーノ」、近畿初出店のチョップサラダ専門店「サラダビッツ」、カウンターで提供する海鮮丼コーナー「魚魚彩」、和食のヘルシーファストフード「だし藏 だし茶漬け」などを出店。焼きたてパン専門店「カンテボーレ」、ハンバーガーやホットドッグなどの食べ歩きメニューに対応した「ミートデリ」コーナーのほか、酒専門店「イオンリカー」では、対面販売でソムリエセレクトの約10種類のグラスワインと六甲ビールを提供するバル「ウミバル」も展開する。

 イートインコーナーを約80席設ける1階は、兵庫・神戸のスイーツやパフェ、バウムクーヘンなど、テークアウトだけでなく食べ歩きができる「スイーツゾーン」を展開。パティスリーナトゥーラが手掛ける「美人百菓」などが出店する。「和のこだわり」売り場の酒コーナーでは、兵庫県産の灘の酒を中心とした地酒を約300種類、全国の銘酒造の日本酒を約200種類展開。銘店コーナーでは、カップケーキ専門店「JiJi cupcakes KOBE(ジジカップケークス神戸)」、マカオ生まれの焼き菓子「アンドリューのエッグタルト」、1877(明治10)年創業の元祖瓦せんべいの店「亀の井亀井堂本家」がイオン初出店するほか、グリコの限定品やオリジナルグッズを扱うバラエティーショップ「ぐりこ・や」も並ぶ。

 同店の中田博紀店長は「イオンモール神戸南店と同じような時期にオープンすることになったが、神戸南店は地域の台所という位置付けであるのに対して、当店は夕食などの買い物でも活用していただけるが、観光客の方が滞在中に楽しんでいただく場所でもある。そうした意味でも利用していただくシーンが違うと考えている」と話す。「近隣施設には、デートスポットとしても支持の高い飲食店が多い。イオンでしか提供できないようなメニューを展開することで、ファミリー層や手軽に食事をしたい方などの受け皿にもなれば」とも。

 営業時間は9時30分~21時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク