ここから本文です

パク・ユチョンさんとのカラオケ動画アップしたファン・ハナさん「そんなに悪いことなの?」

7/18(火) 8:49配信

中央日報日本語版

JYJパク・ユチョンさんの謝罪文に関連してフィアンセのファン・ハナさんが心境を明らかにした。

ファンさんは18日、自身のインスタグラムに「このようなコメントは掲載したくないが、これが最初で最後と思って載せる」として、長文の投稿文を掲載した。

ファンさんは「一度でも立場を変えて考えてみたことはあるだろうか」とし「いつまで周りの様子を伺いながら隠れて生きなければならないのか。数多くのデマや記事になったものなど、それがすべて事実のようにしてただ誤解を受けながら生きていかなくてはならないのか、何も言えず我慢だけしていればいいのか分からない」とコメント。

続いて「きょう初めてカラオケに行ったのが、そんなに悪いことだったのか」とし「無性に歌が歌いたくて行きたかっただけ。行ける場所がそれほどない。ギリギリまで追い詰めて人を傷つけて苦しめるのは本当に間違っていると思う」と打ち明けた。

ファンさんは「これまでずっとのびのび生きていた私が、突然周りの空気を読みながら変われというのは難しい」としながらも「とても努力している。私には直すところしかないのは分かっているが、それでも他人に被害を与えずに生きている」とした。

また「きょう投稿につけられたコメントやメッセージを見て少し衝撃を受けた。いっそのこと私だけをののしってほしい」とし「私が全部聞いてあげるから、毎日毎日どうにかこうにか頑張って耐えている人を困らせるのはもうやめてほしい。もう傷つけるのはやめてください」と訴えた。

これに先立ち、パク・ユチョンさんは自身のSNSにこれまでの問題に関連して「すべての方々に本当に申し訳なく、すまなかったという話をしたかった」と、今の心境と綴る長文のコメントを掲載していた。しかし、ファンさんのインスタグラムライブを通じて公開されたカラオケでのパク・ユチョンさんの近況が注目され、ユチョンさんの謝罪は本心だったのかどうか問題になっている。