ここから本文です

クルマの音声を管理する車載組み込み用サウンドミドルウェア

7/18(火) 8:10配信

MONOist

 CRI・ミドルウェアは2017年6月29日、車載組み込み用サウンドミドルウェア「CRI ADX Automotive」の提供を開始した。自動車に搭載されるさまざまな通知音や警告音、音声ガイドを、車体情報や走行状態、危険度などに応じた優先順位で再生できる。

 同ミドルウェアは、車載サウンドを高音質かつ低負荷、省メモリで再生処理し、高度なリアルタイム処理が必要な場合でも安定して動作する。また、独自の音声圧縮技術によって多くの音声ガイドを搭載できる。複数の音声を組み合わせて再生するため、必要最小限の音源データ量でインタラクティブサウンドを実現する。

 さらに、音源生成やパラメータ調整、シミュレーション、最適化などのサウンド開発の各プロセスを、プログラムを変更せずにツールを使って行え、サウンド開発業務を効率化できる。

 近年、自動車には多くのセンサーが搭載され、センサーからのさまざまな情報を的確にドライバーに伝える必要性がある。今後さらに自動車のスマート化が進むにつれ、情報量はますます増加すると考えられており、その情報を安全かつ的確に伝える方法として音声での情報伝達が重要視されている。また、通知音や警告音、音声ガイドなどの複数の音声が重複した場合は、その内容を即座に把握することも重要になる。

最終更新:7/18(火) 8:10
MONOist