ここから本文です

画面が見やすく操作も簡単に! ソニーがワイドFM対応のポータブルラジオ3製品を発表

7/18(火) 13:00配信

アスキー

ソニーがポータブルラジオ新製品を発表。40代以上の中高年に向け、液晶が読みやすく、ダイヤルを大きくするなどの工夫を加えている

 ソニーは7月18日、ポータブルラジオ3製品を発表した。いずれも8月5日発売予定。
 
 「SRF-T355」(予想実売価格1万1000円前後)は名刺サイズのコンパクトラジオで、本体上面に押すだけで選局可能な10個のボタンを装備。FM放送でAMラジオが聴けるワイドFMに対応しており、出荷時にワイドFM局が割り当てられている。
 
 従来機よりも液晶画面が大型化しており、局名や時刻、電池残量などがより見やすくなっている。また、漢字表記にも対応した。
 
 付属のイヤフォンはモノラルだが、出力はステレオとなっており、別途ステレオヘッドフォンを使用可能。
 
 電源は単4電池×2となり、充電池の利用も可能。なお、SRF-T355に充電台が付属した「SRF-T355K」(予想実売価格 1万4500円前後)も同時に発売となる。
 
 「ICF-506」(予想実売価格 6000円前後)は、大型のつまみを採用したポータブラジオで、上面に取っ手が付いており、持ち運びやすくなっている。
 
 電池駆動のほかコンセントも利用可能で、据え置きラジオとしても使用できる。
 
 
文● ハシモト/ASCII編集部

最終更新:7/19(水) 20:44
アスキー