ここから本文です

重量車の次期燃費基準の目標年度は2025年度---開発期間を考慮

7/18(火) 10:15配信

レスポンス

国土交通省と経済産業省は、次期重量車燃費基準の目標年度について、燃費改善に向けた開発期間を十分に確保する観点から、2025年度とする方向で検討する。

[関連写真]

燃費改善が見込まれるエンジンのモデルチェンジは、トラック、バスともに5~6年程度で、エンジンモデルのチェンジは、排出ガス規制適合に併せて実施されることが通例となっている。

現在、自動車メーカー各社は、2016年排出ガス規制適合に優先で取り組んでおり、エンジンのモデルチェンジを実施済み。これに加え、さらなる燃費改善を促すには、排出ガス規制適合以降、さらに1回のエンジンモデルチェンジを実施する期間を設ける必要がある。

これらを考慮して次期重量車燃費基準の目標年数を2025年とする見通し。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7/18(火) 10:15
レスポンス