ここから本文です

〔東京外為〕ドル、112円台前半=米金利低下、国内株安で下落(18日正午)

7/18(火) 12:30配信

時事通信

 連休明け18日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の低下や日経平均株価の軟調などを受けて、1ドル=112円前半に下落している。正午現在、112円13~14銭と前週末(午後5時、113円28~29銭)比1円15銭の大幅ドル安・円高。
 東京時間の早朝は、112円60銭前後で推移。午前9時以降は、米長期金利の時間外取引での低下や日経平均の2万円割れなどで売りが優勢となり、112円10銭前後まで下げ足を速めた。
 ドル円は、米国の低調な消費者物価指数などを受けた早期利上げ観測の後退で、地合いが悪い。加えて、一部メディアが「日銀内でETF買い入れの持続可能性に懸念の声が広がる」と報じたことや、米国のオバマケア代替法案の上院通過が難しいとの見方が浮上していることも、ドル円の弱材料になっている。
 ユーロは朝方から対円で上昇、対ドルは急伸。ユーロドルは「ECB理事会でのドラギ総裁のタカ派発言を期待した買い」(外為仲介業者)などにより、2016年5月上旬以来、約1年2カ月ぶりの高値水準を付けた。正午現在は、1ユーロ=129円28~29銭(前週末午後5時、129円34~34銭)、対ドルでは1.1528~1529ドル(1.1416~1416ドル)。

最終更新:7/18(火) 14:27
時事通信