ここから本文です

狙われるニンテンドースイッチ「難民」 品薄に便乗、詐欺が横行

7/18(火) 20:18配信

J-CASTニュース

 2017年3月の発売以来、品薄が続いている任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」(以下、スイッチ)の購入希望者を狙った詐欺行為が、ツイッター上で横行している。

 ツイッター上に寄せられた複数の「被害報告」によれば、その手口は共通している。いずれも、購入希望者にプリペイド式の電子マネーで代金を「先払い」させ、商品を送らずに金銭だけをだまし取るという流れだ。J-CASTニュースが話を聞いた被害者の10代女子学生は、「(だまし取られたのは)私が持っていたほぼ全てのお金だった」と話す。

■スイッチ詐欺の手口は...

 スイッチの品薄は深刻で、ネット上では同ゲーム機を手に入れられないユーザーのことを指す「スイッチ難民」という言葉が登場するほどだ。実際、7月17日にヨドバシAkiba(東京・秋葉原)で行われた抽選販売会は、計250台用意された商品を求め、3000人以上が抽選に参加する盛況ぶりだった。

 こうした品薄状態の中、ツイッター上では7月中旬頃から、スイッチを利用した「詐欺被害」に遭ったことを報告する投稿が複数件出ている。こうした被害報告を見る限り、いずれも手口は同様で、その流れは次のようなものだ。

 まず、詐欺を行うアカウントは、

  「抽選でスイッチを定価より安く販売します」

などとして、購入者希望者を募集するツイートを投稿する。この告知に集まったユーザーが、詐欺の「標的」になるわけだ。

 詐欺アカウントは続けて、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)を通じて購入希望者に連絡を取り、コンビニなどで購入できるプリペイド式電子マネーでの「先払い」を要求する。仮に購入希望者が先払いに応じた場合、何らかの理由をつけて商品を送付できなくなったとして、結果的に金銭だけをだまし取るという手口だ。

 なかには、相手に代金を先払いさせるため、スイッチ本体の写真や偽の住所・氏名、ネット上から拾った他人の免許証画像を見せるなどして、詐欺アカウントが自らを「信頼できる取引相手」のように偽装するケースもあった。

 要求金額は、スイッチの定価(税別2万9980円)前後が中心。ただ、オークションサイトの落札情報サイト「aucfan.com」によれば、スイッチの平均落札価格は約4万2000円(7月18日時点)と高騰している。そのため、定価と変わらない値段を呈示されても「好条件」だと感じてしまい、取引に応じてしまうユーザーが出ているようだ。

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 21:00
J-CASTニュース