ここから本文です

<バカリズム>「27時間テレビ」SPドラマの脚本担当 忍者役で出演も

7/18(火) 15:59配信

まんたんウェブ

 お笑い芸人のバカリズムさんが、9月放送予定のフジテレビの長編特別番組「FNS27時間テレビ にほんのれきし」内のスペシャルドラマの脚本を担当することが、明らかになった。バカリズムさんは、戦国時代を描いた「僕の金ケ崎」、幕末の動乱を描いた「わたしたちの薩長同盟」(仮)の2本のドラマの脚本を務め、「僕の金ケ崎」には、忍者の服部半蔵役として出演も果たす。

【写真特集】バカリズムが忍者に! 27時間テレビのドラマに豪華キャスト

 今年の「FNS27時間テレビ」は、「にほんのれきし」がテーマ。これまでの“お笑い”に特化した27時間テレビとは異なり、「学び、笑い、楽しむ」が詰まったエンターテインメントを追求し、老若男女問わず家族みんなが一緒に楽しめる長編特番を目指すという。

 「僕の金ケ崎」では、織田信長が撤退戦を余儀なくされたという「金ケ崎の戦い」を描く。俳優の大杉漣さんが織田信長を演じるほか、中尾明慶さんが秀吉役、渡辺いっけいさんが徳川家康役、杉本哲太さんが明智光秀役で出演する。また、「わたしたちの薩長同盟」(仮)は、薩長同盟を“バカリズム流”に描いた作品になるという。

 バカリズムさんは「僕の金ケ崎」について、「とにかく笑えるものにしようと思って(脚本を)書きました」と明かし、「4人の俳優さんたちがけっこう大きい声を出したり、甲胄(かっちゅう)を着てドタバタやっていて、実際ご本人たちは相当大変だと思うんですけど、僕も現場で見てこんなに大変なんだとひいてしまったぐらい武将たちの動きが激しく、思っていた以上に迫力があって、そこは本当に見ものだと思います。一流の俳優さんたちがバカバカしい台本を全力で演じてくださっているので、そのギャップが非常に面白いです」と見どころを語っている。

 バカリズムさんは脚本のほか、今回、番組全体を貫く“縦軸の屋台骨”となる企画「にほんのれきし博物館」に館長としても出演。27時間かけて“にほんのれきし”を紹介していくという。

最終更新:7/18(火) 17:08
まんたんウェブ