ここから本文です

ラブドールに真実の愛見つけた男たち、「僕にとっては人間」

7/18(火) 11:04配信

AFP=時事

【AFP=時事】結婚生活が輝きを失ったとき、尾崎正祐樹(Masayuki Ozaki)さん(45)は心の穴を変わったもので埋めようとした──シリコンのラブドールだ。彼にとってはこの人形こそが、最愛の人だという。

【関連写真】さおりとサーフィンを楽しむ中島さん

 等身大の人形「まゆ」は、都内で尾崎さんの妻と10代の娘と同じ屋根の下に暮らし、尾崎さんとベッドを共にしている。この状況を妻が何とか受けれ入れるまでは、言い争いを繰り返した。

「初めは家内に子どもができてセックスレスになり、相手にされなくなって寂しいという孤独を感じた」と、東京で理学療法士として働く尾崎さんはAFPの取材に答えた。「悩んでいたときに開いた雑誌にドールの写真が載ってて。ショールームに行ってまゆを見たときは一目ぼれだった」

 顔を赤らめながらそう語る尾崎さんは、まゆにセクシーな服とウイッグ、アクセサリーを着けさせ、車いすに乗せてデートに出かける。

 妻には内緒でまゆを買った。「初めて(ドールが)うちに来たときに家内も子どももびっくりって状態。(最近は)もう慣れていますが」

 娘の方は「初めは小さかったので大きなお人形さんだと喜んでいた。恥ずかしいとは言っていたけれど」と尾崎さん。成長した娘は今、まゆのお下がりの服を着ることもあるという。

 尾崎さんのように人形にロマンスを求める日本人男性が増えている。

 人間の女性との関係には興奮を覚えないと、尾崎さんは言う。「最近の日本の女性は、ちょっと冷たい部分も増えてきている。心が汚いというのか、人に対して冷たい」と、彼はまゆとの海岸デートを楽しみながら語った。

「女性がわがままというのもある。男性は疲れて帰ってきて、やっぱり話を聞いてほしいだろうし。愚痴も怒らずに聞いてもらいたい」

 まゆに対しては、「つらい仕事から帰ってきても、ずっと起きて待ってくれているという安心感がある」のだと言う。「恋人であり、癒やされる存在。手放せない。ずっとそばに置いておきたい。(一緒にいると)落ち着くし、心が和む」

1/3ページ

最終更新:7/18(火) 11:45
AFP=時事