ここから本文です

〔東京外為〕ドル、112円台前半=米金利低下で安値もみ合い(18日午後3時)

7/18(火) 15:30配信

時事通信

 連休明け18日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、低水準で推移する米長期金利などに圧迫され、1ドル=112円台前半で安値もみ合いとなっている。午後3時現在、112円10~11銭と前週末(午後5時、113円28~29銭)比1円18銭の大幅ドル安・円高。
 東京時間の早朝は、112円60銭前後で推移。午前は、米長期金利低下や株安などで売りが強まり、112円10銭前後に下落。午後は一時112円を割り込んだが、売りは続かず、112円10銭台に戻している。
 ドル円は米国の早期利上げ観測後退や、オバマケア代替法案の先行き不透明感なども重しとなり、弱地合いが継続している。足元、112円付近では下げ止まりを見せているが、「戻りの鈍さを嫌気して、海外勢が売りを出す可能性がある」(FX会社)と、欧米時間の一段の下落を見込む声も出ている。
 ユーロは対円でもみ合い、対ドルは堅調。午後3時現在は、1ユーロ=129円17~17銭(前週末午後5時、129円34~34銭)、対ドルでは1.1522~1522ドル(1.1416~1416ドル)。

最終更新:7/18(火) 17:28
時事通信