ここから本文です

PSGが284億円を準備しネイマール獲得を狙うもバルセロナは慰留に自信

7/18(火) 18:49配信

GOAL

パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナに所属するFWネイマール獲得を目指し、2億2200万ユーロ(約284億円)の資金を準備していると、スペイン紙『マルカ』が17日、伝えている。

今夏、PSGはバルセロナが設定した高額の違約金をものともせず、2億2200万ユーロに上る巨額の資金を投じ、ネイマールの獲得を狙っている。また『AS』はネイマールの父親が交渉のためにパリを訪れる予定だと報じているほか、バルセロナが獲得を熱望するイタリア代表のMFマルコ・ヴェッラッティを交渉のカードとして使う可能性がある。

PSGはネイマールに対し、年俸3000万ユーロ(約38億7000万円)の5年契約を用意しているという。この条件はヨーロッパで最高額とされており、全世界では上海申花に所属するFWカルロス・テベスの3800万ユーロ(約49億円)に次ぐ第2位となる見込みだ。

しかしバルセロナはネイマールのクラブ残留を楽観視している。広報部のジョゼップ・ビベス氏はバルセロナ側に放出の意思はないことを強調した。

「ネイマールを売却するつもりはない。クラブを象徴する重要な選手の1人だ。我々は彼に届いたオファーを検討するつもりはなく、彼がバルサに残ってくれることを望んでいる。彼は世界最高の選手の1人だし、(ネイマールを含めた)トリデンテはクラブの大切な宝だ」

「ただ彼にはこれからも幸せであってほしいと考えている。そしてこれまで通りプレーを続け、さらに成長していって欲しい。彼はクラブに満足しているし、我々も彼に満足している。それは言葉だけではなく、彼の振る舞いやプレーにも表れており、我々は心配していない」

GOAL

最終更新:7/18(火) 18:49
GOAL