ここから本文です

熊谷の野菜・果物でアイスキャンディー 地元の青果市場に専門店 /埼玉

7/18(火) 11:44配信

みんなの経済新聞ネットワーク

熊谷青果市場(熊谷市佐谷田)が7月18日、市内で取れたフルーツや野菜をふんだんに使ったアイスキ ャンディーの販売店をオープンする。(熊谷経済新聞)

商品とポスターを手に熊谷青果市場担当者

 「ふるべるアイスキャンディ」と名付けた同商品は、同市場が農商工連携の取り組みの一環で開発したもの。商品名は、スペイン語の果物「フルータ」と野菜「ベルドゥーラ」から、また「フルーツ&ベジタブル」の最初と最後の文字を取り、丸ごと使ったという意味も込めたという。

 アイスキャンディーはシロップベースとミルクベースがあり、季節に合わせて約25種類をそろえ、ブルーベリー、枝豆、スイカ、メロン、桃、温室ミカン、ニンジン、ミニトマトなど季節によって変更する。価格は 1本200円~350円(税別)。合成着色料や香料は使わない。

 オープニング記念として8月10日まで、その場でSNSに「#ふるべる」で投稿すると50円キャッシュバックになるキャンペーンも実施。

 定休日:日曜、祝祭日 営業時間:8時~18時

 営業時間は8時~18時。日曜・祝日定休。今月20日~22日に開催される「うちわ祭り」の期間中、JR熊谷駅のAZ入り口に特設店舗を出店する。

みんなの経済新聞ネットワーク