ここから本文です

上戸彩 レモン柄の浴衣姿で宣言「中身もイケますという女性を目指したい」

7/18(火) 15:08配信

東スポWeb

 女優の上戸彩(31)が18日、都内で行われた「Visaデビット発行500万枚記念イベント」に出席した。

 CMキャラクターを務める上戸は、黄色のレモン柄の浴衣で登場。「30代になって初めて皆さんの前で浴衣を着る。バチバチッと原色で決めてきた。見た目だけでなく内面を磨いて、心がきれいで芯のある女性、中身もイケますという女性を目指したい」と語った。

 今年、出演した映画「昼顔」でイタリアと中国・上海の映画祭を訪れた。「レストランでVisaデビットカードの表示があってうれしかった。イタリアはワインがおいしかったな。疲れてヘトヘトだったけど、振り返れば、もっと飲んでおけばよかったと思う」と笑みを浮かべた。

 12歳でデビュー。今年、芸能生活20周年を迎える。「保育士になるのが夢で、人前に出るのが苦手だった。仕事をする時にはヒザが震えていた。でも、家族に家を建てたいという夢があった。今は仕事が楽しいという言葉がさらっと出てきたりするようになった」と振り返った。

「EXILE」リーダー・HIRO(48)との間に、もうすぐ2歳になる女児がいる。「毎日が幸せ。マスクを着けるか帽子をかぶるかして出かけるが、本当にバレない。今夏は多めにお出かけしたい。2~3年行っていないので、沖縄に行きたいな。祖父の墓参りや、親戚に会って海に行きたい。今はちょうど作品に入っていないので、日焼けもしたい」。親子の思い出がたくさんできそうだ。

最終更新:7/18(火) 15:08
東スポWeb