ここから本文です

ホンダ アコード、全世界で210万台をリコール…火災のおそれ

7/18(火) 16:21配信

レスポンス

ホンダは7月13日、全世界でおよそ210万台の『アコード』をリコール(回収・無償修理)すると発表した。米国ではおよそ115万台、中国などの世界市場ではおよそ95万台が対象になる。

今回のリコールは12Vのバッテリーセンサーの不具合によるもの。エンジンルーム内のバッテリーセンサーが、防水対策が不充分で、湿気の侵入により、センサーが腐食してショート。最悪の場合、火災が起きるおそれがある。

米国では、2013~2016年のモデルのアコードおよそ115万台がリコールに該当。なお、米国ではエンジンコンパートメントの火災が4件報告されており、負傷者はいないという。

ホンダは、対象車を保有する顧客に連絡。ディーラーにおいて、バッテリーセンサーのテストを行い、正常に機能していない場合は、センサーを交換するリコール作業を行う。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/18(火) 16:21
レスポンス