ここから本文です

多種目で日本選手が上位に! 大会最終日の結果をお届け【EVO2017】

7/18(火) 17:08配信

ファミ通.com

文・取材:ライター H.H

●気になる最終日の結果は……
 2017年7月15日~17日、アメリカ・ラスベガスにて格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO2017”が開催。最終日となる17日には5種目の決勝トーナメントが実施された。本稿ではその中から『アルティメット マーヴル vs. カプコン3』、『鉄拳7』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』、『ストリートファイターV』部門の結果をお届けする。

●『アルティメット マーヴル vs. カプコン3』
 本作は、マーヴルヒーローとカプコンの人気キャラが登場し、チームを組んで闘う2D格闘ゲーム。グランドファイナルに進出したのは、レアキャラ春麗を起用して勝ち上がってきたRyanLV選手(春麗、モリガン、フェニックス)と、昨年EVO2016の同部門を制したChrisG選手(モリガン、ドゥーム、バージル)のふたりだ。対戦ではRyanLV選手の先鋒・春麗が目を見張る活躍を見せる。チャンス時にはしっかりコンボを狙うが無理はせずにゲージを稼ぎ、体力が減った後にモリガンに交代。豊富なゲージを武器に後半戦を有利に運ぶ戦略が功を奏し、3試合を先取して決着。
 ウィナーズのまま最後まで駆け抜けたRyanLV選手の優勝となった。

・上位結果
優勝 RyanLV選手
準優勝 ChrisG選手
3位 PC Marvel God選手
4位 Paradigm選手
5位 Prodigy選手
5位 Joey D選手
7位 NoLife選手
7位 Not Enough Damage選手

●『鉄拳7』
 バンダイナムコエンターテインメントが開発する3D格闘ゲーム『鉄拳7』。レベルの高い韓国選手が多い本部門だが、日本選手はたいせい選手が4位、そしてタケ。選手が7位入賞を果たした。
 グランドファイナルに進出したのは、ウィナーズのJDCR選手(平八/ドラグノフ)とルーザーズのSAINT選手(JACK)のふたり。どちらもEchoFoxに所属する韓国のプロゲーマーだ。対戦では、お互い体力が僅少状態ながらも、際どい読み合いを何度も制したSAINT選手が3試合を先取してリセットに成功。そのまま勢いを維持するかと思われたが、リセット後はJDCR選手が復調。平八の使用を控えてドラグノフを使い続け、次第に落とすラウンドは減少し3試合先取を達成して決着。前評判通りの強さを発揮した、JDCR選手が優勝となった。

・上位結果
優勝 EchoFox|JDCR選手
準優勝 EchoFox|SAINT選手
3位 Knee選手
4位 たいせい選手
5位 JEOndding選手
5位 Streamm|Anakin選手
7位 Suiken!!選手
7位 タケ。選手

●『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』
 北米で人気の高い『スマブラ』シリーズ最新作。多人数で遊べるゲームだが、EVOでは1vs1のシングル戦で争われる。そして、日本選手はただひとりKEN選手が、5位に入賞する活躍を見せてくれた。
 グランドファイナルに進出したのは、ウィナーズのTSM ZeRo選手(ディディーコング)とルーザーズのMVG Salem選手(ベヨネッタ)のふたり。対戦は一進一退の攻防が続き、Salem選手が接戦を制しリセットに成功。リセット後も接戦が継続し、2試合づつを奪い合って最終戦に突入する。最終試合では中盤にディディーが大きく体力をリード。しかしベヨネッタが何とか踏ん張り、お互い残機0状態に。体力差でディディーが押し切るかと思われたが、一瞬のスキから大ダメージ攻撃を叩き込んだベヨネッタがディディーを一気に倒しきり、逆転勝利を達成。
 アメリカの最強ベヨネッタ使いと名高いSalem選手が優勝となった。

・上位結果
優勝 MVG|Salem選手
準優勝 TSM|ZeRo選手
3位 MSF|Larry Lurr選手
4位 P1|Tweek選手
5位 KEN選手
5位 NRG|Nairo選手
7位 RNG|Dabuz選手
7位 CLG|VoiD選手

●『ストリートファイターV』
 EVO2017の大トリを務めたのは、格闘ゲームの対戦シーンを牽引する『ストリートファイターV』。8名が勝ちあがった決勝トーナメントには、日本選手が5名進出する成果となった。
 グランドファイナルに進出したのはウィナーズのPG|Punk選手(かりん)とルーザーズのときど選手(豪鬼)のふたり。Punk選手は高速反応を活かした対空や飛び道具抜け攻撃を得意とするアメリカの選手。予選トーナメントでは一度Punk選手に負けたものの、ルーザーズを勝ち上がってここまでたどり着いた。
 対戦は高速反応を武器とするPunk選手に対し、置き技が主軸の地上戦をしかけたときど選手が優勢。Punk選手から大会中初めてとなる1試合を奪うと、その調子のまま試合カウント3-1でリセットに成功。リセット後は明らかにリズムを崩したPunk選手に対し、ときど選手の怒涛の攻めがテンポよく決まるように。Punk選手の高速反応を見越した置きジャンプ攻撃をヒットさせる鋭い読みなども見られ、ときど選手が3試合連取でストレート勝利を達成! 約2600人で争われた本部門は、ときど選手の優勝となった。

・上位結果 ※印は日本選手
優勝 ときど選手※
準優勝 PG|Punk選手
3位 GGP|かずのこ選手※
4位 板橋ザンギエフ選手※
5位 Liquid|NuckleDu選手
5位 もけ選手※
7位 Splyce|Fchamp選手
7位 GRPT|MOV選手※

 なお、最終日に実施された『ブレイブルーセントラルフィクション』部門は、別稿にてリポートをお届けする。

最終更新:7/18(火) 17:08
ファミ通.com