ここから本文です

眼鏡型ウェアラブル端末と会話AIを用いた建設現場向けシステム「T-Gate.Navi」

7/18(火) 18:00配信

アスキー

東芝デジタルソリューションズと大成建設は、建設現場に入退場する車両のナンバーを確認して管理するシステム「T-Gate.Navi」を開発。実証実験を済ませて実用化を図る。

 東芝デジタルソリューションズと大成建設は7月18日、眼鏡型ウェアラブル端末とコミュニケーションAIを活用した建設現場の入退場車両管理システム「T-Gate.Navi」を開発したと発表した。
 
 建設現場において入退場車両の管理を効率よく行なうためのシステム。建設現場に入る車両のナンバーを目視確認して紙の台帳で管理してる場合が多いが、照合の手間によって入出場に時間がかかることがあった。
 
 新たに開発したシステムは、眼鏡型ウェアラブル端末のカメラで撮影した画像から文字認識技術で車両ナンバーを照会し、照合結果を眼鏡型ウェアラブル端末の視野上に表示。撮影や照合は音声キーワードで実行できるのでハンズフリーで運用できる。通信機能により、ゲートから離れた管理者PC画面でも入退場車両情報を確認、帳票化できるなど運用時の作業効率を高められる。
 
 両社では複数の大規模建設現場で実証実験を行ない、車両管理情報の「見える化」の促進と業務効率向上への寄与が確認されたとして、実用化に向けた建設現場の展開を図るという。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:7/18(火) 18:00
アスキー