ここから本文です

ピアースが古巣セルティックスと1日契約、現役引退に花道

7/18(火) 13:04配信

AFP=時事

【AFP=時事】2016-17シーズン限りで現役引退を表明したバスケットボール元米国代表のポール・ピアース(Paul Pierce)が17日、米プロバスケットボール協会(NBA)の古巣ボストン・セルティックス(Boston Celtics)の一員として選手生活を終えるため、同球団と1日契約を結んだ。

【特集】写真で振り返るNBA選手のビフォーアフター

 39歳のピアースは、2008年のNBAファイナル制覇に貢献したセルティックスでキャリア最初の15年間を過ごした。

 オールスター選出10回の実績を持つピアースは、「もう一度、自分をボストン・セルティックスの一員であると呼べるこの機会を光栄に思う。自分を仲間の一人に迎えてくれた球団とボストン(Boston)の街以外で、キャリアを終えることは想像できなかった。私は生涯セルティックだ」とコメントした。

 セルティックスのウィク・グロースベック(Wyc Grousbeck)オーナーは、ピアースの背番号34を永久欠番にする計画があることも明かした。

 ピアースはセルティックスをはじめ、ブルックリン・ネッツ(Brooklyn Nets)、ワシントン・ウィザーズ(Washington Wizards)、そしてロサンゼルス・クリッパーズ(Los Angeles Clippers)に所属し、合計1343試合に出場して一試合平均19.7得点、3.5アシストを記録した。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:7/18(火) 13:09
AFP=時事