ここから本文です

PSA世界販売、2.3%増の158万台…中国が減速 2017年上半期

7/18(火) 16:45配信

レスポンス

フランスの自動車大手、PSAグループは7月13日、2017年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数(ノックダウン生産分を含む)は157万9934台。前年同期比は2.3%増だった。

画像:PSAグループの主力車

世界最大の新車市場、中国は減速。上半期は東南アジアと合わせて、15万2380台にとどまった。前年同期比は48.6%減と、大幅なマイナス。小型車に対する減税が、縮小された影響を受ける。

欧州では上半期、信用不安を抜け出して以降の回復傾向が途切れた。PSAグループの上半期の欧州新車販売は、103万6090台。前年同期比は1.8%減と、前年実績を下回った。

一方、南米は前年同期比8.5%増の9万6357台と回復。インド太平洋地域も、前年同期比2%増の1万0665台と回復する。中東とアフリカは、27万7931台。前年同期のおよそ3.2倍と、大きく伸びる。

PSAグループの2016年世界販売は、314万6382台。前年比は5.8%増と、3年連続で前年実績を上回っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/18(火) 16:45
レスポンス