ここから本文です

ロッテ、逆転サヨナラ!“角中打法”加藤がチーム連敗4で止めた

7/18(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ3x-2オリックス、15回戦、ロッテ9勝6敗、17日、ゾゾマリン)ロッテは17日、オリックス15回戦(ZOZOマリン)に3-2で逆転サヨナラ勝ちし、連敗を4で止めた。1点を追う九回二死満塁で加藤翔平外野手(26)が逆転の左越え二塁打を放った。

 カウント2-2からオリックスの守護神・平野の150キロをとらえた打球は前進守備の左翼手を越えた。加藤は「食いついていった。追い込まれても三振はしないという安心感があった」と、笑みを浮かべた。

 5月に2軍降格した際、当時故障で2軍調整中だった角中のノーステップ打法を採り入れた。「三振をしないことが大事。見て盗みました」。大卒5年目の左右打ちは、昨年の首位打者を参考にした打ち方を手にし、外野の定位置の一角を手に入れつつある。

 後半戦初戦を劇的勝利で飾り、連敗を止めた伊東監督も笑顔。「いい形で勝てた。お客さんも満足してくれたのでは」とうなずいた。