ここから本文です

【函館2歳S】ナンヨープランタン一番星だ!同世代初の重賞初制覇狙う

7/18(火) 6:04配信

デイリースポーツ

 「函館2歳ステークス・G3」(23日、函館)

 6週間の函館シリーズの締めくくりは今年初のJRA2歳重賞戦。開幕週の新馬戦で白星デビューを飾ったナンヨープランタンが、北の一番星を狙う。

 派手さはない。それでも確かな将来性を伝えるナンヨープランタンのデビュー戦だった。行き足が付かずに道中は6番手。小回りの函館コースを考えると厳しい位置取り。それでも徐々に進出し、ゴールでは計ったように差し切った。

 「新馬戦は先行馬が有利のケースが多いのにあの勝ち方をしてくれましたから」と額田助手は振り返る。2、3着に沈めたカシアス、リンガラポップスは、その後の未勝利戦を勝っている。開幕週で先行有利の馬場で差し切ったところにも価値がある。

 初陣を飾ったあと、リフレッシュを兼ねて短期放牧へ。6日に函館に帰厩し、ここへ向けて乗り込みを消化。12日、函館Wでの1週前追いでは馬なりで5F69秒2-12秒6をマークして態勢を整えた。

 「時計も上々でしたし、促す程度で反応してくれました。レースを使った分の上積みはあると思います」と額田助手は順調な調整過程に目を細める。

 開幕週でベールを脱いだ黒鹿毛のルーラーシップ産駒。同世代一番乗りでの重賞制覇へ向け、再び函館にその雄姿を見せる。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ