ここから本文です

「HTC U11 HTV33」ミニレビュー(編集部湯野)

7/18(火) 12:00配信

Impress Watch

 「HTC U11 HTV33」は、auの2017年夏モデルとして登場したHTCのフラッグシップだ。端末を握って操作するユーザーインターフェイス、耳の形にあわせてオーディオ調整など、動き回れるVR「LINK」対応など、ユニークな機能を備える。5.5インチのWQHDディスプレイ、オクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GBのメモリなどを搭載する。

【この記事に関する別の画像を見る】

■編集部・湯野

 HTC U11は、他の一般的なAndroid端末とは一味違っている。何が違うのかというと、イヤホンマイク端子が存在しないのだ。iPhone 7の時もあれこれ言われたが、なかなかチャレンジングな仕様である。

 筆者もたまにやらかすが、出張の際にイヤホンを忘れ、移動中に暇を持て余すなんてことになる場合がある。そんな時、筆者はコンビニや100円ショップなどで、とりあえずの安いイヤホンを買ってしのぐのだが、HTC U11の場合は現時点においては、諦めるほかない。もちろん、Bluetoothヘッドセットを販売している電器店でもあれば別の話だが、手痛い出費を強いられることになる。

 もっとも、その代わりと言っては何だが、HTC U11のパッケージには特徴的なUSBハイレゾイヤホンが付属しており、アプリとの組み合わせにより、ユーザーの耳に最適化する機能やノイズキャンセリング機能が実現されているのだ。つまり、この組み合わせが最強。パッケージには変換アダプターも同梱されているが、基本的にはこの付属のイヤホンを肌身離さずに持ち歩きたい。

 本音で言えば、端末側が背面パネルのカラーリングにこだわっている一方、極めて地味なグレーのイヤホンのデザインがもう少し何とかならなかったものかと思わないでもないが、出かけるときには忘れないようにしたい。

ケータイ Watch,湯野 康隆

最終更新:7/18(火) 12:00
Impress Watch