ここから本文です

引退試合で2得点 鈴木啓太氏「チャレンジは続く」

7/18(火) 16:46配信

東スポWeb

 2015年限りで現役を引退した元日本代表MF鈴木啓太氏(36=元J1浦和)の引退試合が17日、埼玉スタジアムで行われた。元日本代表MF中村俊輔(39=J1磐田)や同DF田中マルクス闘莉王(36=J2京都)ら豪華メンバーと共演し、2得点を決めた。試合後には参加メンバーに胴上げで祝福された。

 鈴木氏は今後について「選手として夢のような時間は終わったが、チャレンジは続く」。すでに腸内フローラを研究する事業を立ち上げ、今年は明大サッカー部のアドバイザーに就任して指導も行っている。プロゴルファーにも挑戦するが、「必要とされて(浦和)レッズに戻ってきたい」と約束した。

 4―4の引き分けだった一戦は、元日本代表FW岡野雅行氏(44=J3鳥取GM)が後半43分にPKを決め、1998年のフランスW杯出場を決めた“ジョホールバルの歓喜”(97年11月、アジア第3代表決定戦)で見せたゴール後のパフォーマンスを再現。スタンドのファンを沸かせ、元同僚の引退試合を盛り上げた。

最終更新:7/18(火) 16:46
東スポWeb