ここから本文です

〔ふるさと短信〕ふるさと納税で偉人邸改修=高知県宿毛市

7/18(火) 11:39配信

時事通信

 宿毛市は7月、農商務相や逓信相を歴任した市出身の偉人・林有造が明治時代に建てた邸宅を改修するため、ふるさと納税や企業版ふるさと納税を活用した寄付の受け付けを始めた。全国から寄付を募ることで、商工観光課は地元の歴史資源を効果的に宣伝できるとみている。
 1889年に建てられた林邸は、これまで大規模修繕をしたことがなく、老朽化が進んでいる。市は2017年度中に邸宅を改修し、郷土料理教室や子ども食堂の開催場所、観光拠点として活用する考えだが、工事には約3億円掛かる。費用の3分の2は県補助金を利用するが、残りは市の負担となる。市は、市負担分のうち1000万円を寄付で賄う目標を掲げる。
 寄付者への特典として、(1)1万円以上の寄付で改修後の邸宅に氏名や企業名を掲載(2)5万円以上の寄付で中平富宏市長と自転車でツーリング-できるようにする。返礼品は贈らない。 

最終更新:7/18(火) 11:45
時事通信