ここから本文です

不倫謝罪会見の渡辺謙 南果歩との先行きはいまだ不透明

7/18(火) 16:46配信

東スポWeb

「週刊文春」で3月に報じられた30代の元クラブホステスとの不倫について俳優・渡辺謙(57)が15日、都内で会見を行い、「おおむね事実です」と認めた上で謝罪した。一方で妻の女優・南果歩(53)との離婚については否定したが…。

 不倫騒動から4か月。渡辺は「この春、出ました記事に関しましてはおおむね事実でございます。このたびは私の軽率な、ふがいない行動が、今までたくさん応援してくださった方々にご心配をおかけしてしまったこと、また僕に仕事を託してくださった関係各位の皆様にも本当に多大なご迷惑、ご心配をお掛けしたことを、この場をお借りして、本当に申し訳なく思っております。おわび申し上げたいと思います」と頭を下げた。女性とは報道が出た後に話し合い、別れたという。

 また南に対しても「何よりも妻には本当に、苦しい、悲しい思いをさせてしまったことは申し訳なく思ってますし、キチンと謝罪をして、事が事なので少し時間をかけながら、ゆっくりと軌道修正を図っているところでございます」とカメラを通して謝罪。南と話し合いをする中で「こんなことであなたが築いてきたというか、積み重ねてきたものが消えるわけはないから頑張ってね」と言われたことが、今も胸に残っているという。

 現在は南が暮らす家には戻っていないが、離婚に関しては「今のところ、そういう話にはなっていません」。完全に許しを得たわけでもないが、渡辺は「結婚生活を続行? そうあったらいいなというふうには思っております。キチンと割り切れるものではないので、その辺が時間がかかるのかなと思います」と明かした。

 映画関係者は「南がまだ怒っているのも事実で、渡辺は家に帰ることすらできていない。現時点で離婚は否定したが、正直なところ、この先どうなるかは分からない」。謝罪会見を開いて一区切りつけた渡辺だが、先行きはまだまだ不透明だ。

最終更新:7/18(火) 16:46
東スポWeb