ここから本文です

【大日本】“猪木効果”で鈴木がBJWストロング王座V2 大地の挑戦表明受けた

7/18(火) 16:46配信

東スポWeb

 17日の大日本プロレス東京・両国国技館大会でBJW認定ストロングヘビー級選手権が行われ、王者の鈴木秀樹(37)が河上隆一(28)を絞め落として2度目の防衛に成功した。

 満を持して放った必殺の人間風車を返されたが、そのままスリーパーホールドに移行。6月28日にアントニオ猪木氏(74=参議院議員)から直接指導を受けた威力は強烈で、河上が動かなくなったためレフェリーストップが告げられた。試合後、橋本大地(25)から挑戦表明を受けると「勝って返上するつもりだったけど、大地が来たからやる」と不敵に話した。

最終更新:7/18(火) 16:46
東スポWeb