ここから本文です

アライドテレシス、40GbEアップリンク対応のインテリジェントスイッチ「AT-x550-18XTQ」

7/18(火) 13:10配信

Impress Watch

 アライドテレシス株式会社は18日、10Gigabit Ethernet(GbE)インテリジェントスイッチ「AT-x550-18XTQ」を7月25日より出荷開始すると発表した。

 AT-x550-18XTQは、1Uハーフサイズの筺体に、10G/1000BASE-T×16ポートと40G QSFP+×2スロットを搭載したインテリジェント・スタッカブルスイッチ。ラックマウントキットを利用することで、19インチラックの1Uスペースに2台を並べて設置することが可能という。またQSFP+スロットは、ブレークアウトケーブルにより10GbE×4ポートとして利用することもできる。

 さらに、双方向160Gbpsの帯域幅を持つスタックモジュールで2台のx550シリーズスイッチを接続すると、1台の仮想スイッチとして扱えるVCS(バーチャルシャーシスタック)に対応。1mから10kmまで、対向機器との距離に応じたスタック構成を実現する。

 OSはモジュラー型の「AlliedWare Plus(AW+)」を採用。機能ごとのモジュールに分割されているため、単一の障害が与える影響範囲を最小限に抑えることが可能で、モノリシック型OSの製品と比べ、システム全体の可用性を高められるとのこと。

 AT-x550-18XTQの価格は65万円(税別)。ただし、発売を記念したキャンペーン価格が設定されており、12月28日出荷分までは45万円(税別)で提供される。また、OSPFv2、PIM-SM、PIM-DM、ダブルタグVLANなど、スイッチの各種機能を追加・強化するプレミアムライセンス「AT-x550-FL01」も同時に発売され、こちらの価格は12万1000円(税別)。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:7/18(火) 13:10
Impress Watch