ここから本文です

アクアパーク品川「イケ魚パラダイス」話題に 魚のせりふを声優がアテレコ /東京

7/18(火) 16:11配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 品川プリンスホテル内にある水族館「アクアパーク品川」(港区高輪4)で開催中の「イケ魚(ぎょ)パラダイス」がSNSなどで話題になっている。(品川経済新聞)

「イケ魚パラダイス」の展示の様子

 7月8日に始まった企画展示。10種類の魚の水槽横にipadが設置され、画面上のボタンを押すと、事前に声優が録音した「イケてるセリフ」が流れる。

 イケ魚の声優は、櫻井孝宏さん、石川界人さん、山下大輝さん、小野友樹さん、津田健次郎さんの5人。昼と雨天時の昼、夜のパターンを用意する。イソギンチャクと共生するカクレクマノミを年下の甘えん坊キャラにするなど、それぞれの生態をもとにしたキャラクターを設定している。

 ネット上では、イベントが始まった8日からツイッターを中心に話題になり、同日「イケ魚パラダイス」がトレンド入りした。「チンアナゴ(cv:櫻井孝宏)とオジサン(cv:津田健次郎)の字面の破壊力エグい」「声がよすぎて笑いが止まらない」(以上、原文ママ)など、さまざまな反響が見られる。

 同館広報の山田亜希子さんは「夏のメインイベントである『花火アクアリウム』のサブイベントとして企画したが、想像以上の反響で驚いている。魚の生態を楽しく知ってもらえれば」と話す。「雨バージョンも用意しているが、なかなか降らないため、レアになるかもしれない。一度来た方も、違うバージョンを楽しみにまた来てほしい」とも。

 訪れた女性は「ツイッターで話題になっていたので、気になりやって来た。どの魚もかっこいいが、一番のお気に入りは、チンアナゴ(CV 櫻井考宏)」と笑顔を見せた。

 開館時間は10時~22時。入館料は、大人=2,200円、小中学生=1,200円、幼児(4歳以上)=700円。イベントは10月1日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク