ここから本文です

<政活費詐取>元奈良県議に有罪判決「重大な犯行」

7/18(火) 18:50配信

毎日新聞

 奈良県議時代に政務活動費(政活費)約1230万円を不正に受給したなどとして詐欺や虚偽有印公文書作成・同行使などの罪に問われた上田悟被告(60)=同県斑鳩町=に、奈良地裁は18日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年6月)の判決を言い渡した。西川篤志裁判長は「適正な地方自治の実現を根本から揺るがしかねない重大な犯行」と厳しく指摘した。

 判決によると、2010~15年度、調査研究費などの名目で政活費を支出し、全て使ったとする虚偽の収支報告書を県に提出し、計1231万円をだまし取るなどした。

 上田被告は領収書を偽造して不正請求したことを認めて昨年10月に県議を辞職し、不正受給分を県に返還していた。【郡悠介】

最終更新:7/18(火) 18:50
毎日新聞