ここから本文です

宇部ときわ公園で「呼応する森と彫刻」 ライトアップ面積昨年の2倍に /山口

7/18(火) 17:56配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 宇部ときわ公園(宇部市則貞3)で7月14日、デジタルアート集団「チームラボ」(東京都文京区)によるイベント「呼応する森と彫刻」が始まった。主催は宇部市。(山口宇部経済新聞)

森を照らすデジタルアート作品(動画ニュース)

 ときわ湖水ホール付近の森をライトアップする「デジタルアート作品」。会場エリアを昨年の2倍となる1万平方メートルに拡大し、演出する樹木を約1.5倍の142本に増やしたほか、森に常設されている彫刻6作品も色鮮やかな光で照らす。

 初開催した昨年は38日間で4万9340人が来場。今年は8月31日までの会期中に5万人の来場を見込む。3連休もあった初日からの4日間(14日~17日)は1845人が来場した。

 同日はオープニングセレモニーが開かれ、チームラボの猪子寿之社長は「緑に囲まれた中に彫刻が点在する、とてもすてきな空間。都会にはない、この場所の魅力を引き出せればと思っている。間近で光や音が呼応する様子と、丘から眺める広範囲の雰囲気の両方が楽しめる。市内外から多くの人に来場してもらえれば」と呼び掛けた。

 久保田后子宇部市長は「昨年も大変な人気ぶりだったが、今年はさらに規模を広げての開催。日頃と全く異なる美しい世界が楽しめる。自然とアートが一体となったイベントによって、ときわ公園の魅力が高まることに期待している」と笑顔を見せる。

 開催時間は19時~22時。入場料は、一般=500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。問い合わせは同園管理課(TEL 0836-54-0551)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク