ここから本文です

ひふみん「背広を着て戦っている」藤井四段は進学しないと予測

7/18(火) 20:45配信

東スポWeb

 お笑いコンビ「インパルス」(板倉俊之=39、堤下敦=39)、倉持由香(25)、加藤一二三九段(77)、佐野ひなこ(22)、花江夏樹(26)が18日、都内で行われた「Yahoo!ゲーム 新ゲームプラットフォーム」メディア発表会に出席した。

 堤下といえば、6月、睡眠薬を飲み、意識がもうろうとした状態で車を運転したとして謝罪会見を開いたばかり。この日、ステージに登場すると、板倉から「意識がもうろうとしていることでおなじみですね」とさっそくイジられ、会場の笑いを誘った。

 謹慎処分を下されたわけではないので、劇場にはすでに復帰しているという。堤下は「体調はボチボチですね。家族もいるので、車の運転もしていますよ」とこれまでと変わらぬ日常生活を送っているようだ。ただ、睡眠薬と一緒に牛乳を飲んだことがトラウマになっているのか「あれから牛乳は飲んでいません。もう一生牛乳は飲まない」と宣言した。

 発表会では、加藤九段がゲームで倉持に挑戦し、負けてしまう場面があって大盛り上がり。将棋とは勝手が違うものの「うまく負かされてしまった。ゲームも強くなりますよ」と悔しさをあらわにした。

 そんな加藤九段は、最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)の“進学問題”にも言及。藤井四段が現在進学するかどうか悩んでいることについて「私が早稲田大学に進学したのは、お世話になった人から『大学に行けば視野の広い人生を歩める』と勧められたから。でも、藤井さんの場合は中学生なのに、背広を着て戦っている。私の解釈では、進学しないで、プロとしてやっていくんじゃないかと考えています」と持論を語った。

最終更新:7/18(火) 20:45
東スポWeb