ここから本文です

キングジムのポメラ「DM200」でLinuxが動作する模様

7/18(火) 13:44配信

Impress Watch

 EKESETE.netと呼ばれる個人のブログで、キングジムの「ポメラDM200」で動作するLinux(Debian)「Linux on Pomera DM200 人柱版 (その2)」が公開されている。

 このプログラム一式は、インストーラで内蔵eMMC NANDのリカバリkernelとリカバリinitramfs領域を書き換え、SDカードの2番目のパーティションに置いたrootfsのDebianが動作する仕組み。

 インストールが正常に完了すると、自動的に再起動がかかり標準のROMが起動する。この状態で一度電源を切って「左Alt+右Shift+電源キー」の長押しで電源を入れると、Linuxが起動するという。

 X Window(Xfce4)も動作するが、DM200ではポインティングデバイスがないため、基本的にコンソールでの利用を想定しているという。

 動作には、本体のバックアップおよびインストーラ/rootfsの入ったSDカードイメージを書き込むために、16GB以上のSDカードが必要。

 なお、当然だが、このプログラムによってポメラが壊れてもメーカー保証が受けられないため、自己責任のもと実行されたい。

PC Watch,劉 尭

最終更新:7/18(火) 13:44
Impress Watch